執筆仕事の在宅ワーク

執筆業と聞くと作家業など難しい職業と考えがちですがネットとパソコンが普及し、さらに携帯からスマホに主流が変わってきていることで執筆に求める需要も変化してきています。


具体的にはコピーライター、執筆業などの専門家の中から会社に属さずフリーの立場で複数の企業から仕事を請け負う形、そして一般の人が投稿サイトやブログ、ツイッターなどで人気が出て人気ブロガーの地位を確立して本業になるケースがあります。


いずれも大きく稼ぐには法人からの仕事が必要となりますが、SOHOという形で少額でも数をこなすことで仕事を受ける人達も数多く存在します。


在宅ワークとして法人から仕事を受ける場合、大手の求人サイトに自分の実績、プロフィールを登録し求人側からのスカウトを待つか自ら応募するかになります。なかなか企業から求められるのは難しいですが前職の経歴によって採用されるケースがあります。


自ら応募する場合には就職の面接と似たように希望する案件に自分で応募しPRする必要があります。ネットでは実生活と同じかそれ以上に自分から積極的に動かないと仕事をもらえない傾向が強いのが特徴です。

最近、企業からの求人で増えているのがアフィリエイト用の記事作成の仕事、新商品のレビュー記事の作成などがあります。一般人の視点から書く記事が好ましいので文章テクニックが必ずしも高いものでなくても採用される可能性があります。


ただし、単価自体は専門職と比べて低い設定で1文字何円という設定がおおいので数多くこなす必要があります。
クラウドワークスといった専門会社などもありますが、専門性が不要なライティングは単価下落が著しいのも実情です。