在宅ワークの種類

在宅で働ける仕事の種類について説明します。
基本的に在宅で行う仕事はインターネットとパソコンの普及によって執筆、デザイン、チャットなどに大きく分かれてきています。


執筆に関係する仕事にはコピーライター、作家、広告文章、文章起こしなどがあります。最近はアフィリエイトライターという分野もあり文字数によって報酬金額が違ってくるパターンもあります。


デザインに関係する仕事はパソコンを使う仕事として以前からありますが、パソコンの普及と使う人が増えたことにより技術デザインに優れたフリーで仕事をする人が増えています。おおくの人は法人化せず個人事業主として中小企業から仕事を受けています。


チャットに関する仕事はネット回線が高速となったことで様々な分野に進出していますが、代表的なものはチャットレディーなどのアダルト系、オンライン塾などのネット上で行われる講師関係、そして動画を使った商品レビューなどがあります。


上記3つが代表的な在宅仕事ですが動画をつかった在宅仕事も増えてきています。
ユーチューブやニコニコ動画の人気でも分かる通り今では一般の人が自ら動画をつくり投稿することで人気が出るケースが出てきています。


その点を踏まえて最近の在宅ワークでは執筆、デザイン、チャット、動画作りの4つとなります。今後もネットの発展によって従来は会社勤めで行われていた仕事が在宅で可能となるでしょう。