動画投稿のリスクについて

ユーチューブやニコニコ動画への投稿が人気です。すでに投稿している人、こらから投稿しようとする人もいると思いますが投稿のリスクについて説明します。


投稿は誰でもでき不特定多数の人に自分の作った動画を見てもらえる楽しさがありますが、不特定多数の人に見られているというリスクについて認識が甘いと痛い目にあう危険があります。


投稿動画で自分の意見に対して必ず逆の意見を書き込む人がでてきますが、この批判に対して対応すると相手も同じように批判をくりかえし誹謗中傷しあうことになります。またネットならではの傾向としてそのやりとりに第三者も参加して争いが更に大きくなるリスクがあります。


不特定多数に向けたメッセージには注意が必要となり特に政治、社会に関するコメントは荒れやすくなります。ニコニコ動画では人気の動画配信主が生放送するときにアンチファンが否定的コメントを投稿して場を乱したりすることが往々にしてあります。


特に人気女性放送主が放送するときにはアンチが増えやすい傾向です。また女性放送主も人気獲得のためか下着姿や裸を見せながら放送する行為が行われたりしているようですが、そういった投稿動画の大半が録画されてネットに拡散されているリスクについて考えるべきでしょう。
また、動画やSNSといったささやかなヒントから、自宅が特定される危険性もあります。


若気の至りで下着姿で放送して、数年経っても自分の下着姿がネットで見かける、知り合いにバレて裏で中傷されるなど良いことは何もありません。


また違法性のある行為を動画に収め投稿して通報される人もおり、他人の敷地に無断侵入する動画、著作権のある作品を許可を得ず自らの動画に採用して運営者側に削除されるなど問題が絶えません。


特に著作権については利用する側、著作権を所持する側で見解の違いがありイタチごっこの様相を呈していますが、今後は著作に関する規制は強くなると予想されています。