広告、デザインでの在宅ワーク

広告、デザインの仕事は在宅仕事の中でも専門職の強い仕事となります。
仕事できる環境としてパソコン、デザインに必要なソフト類が必衰ですが、クライアントへみせる実績となる作品集もある方がより有利でしょう。


専門職としての実務経験がなくてもデザインで仕事をもらっている人達もいますが、やはりセンスが必要といえるでしょう。同じ単価で見栄えに違いがあれば見栄えの良いほうが採用されるのがデザイン、広告の仕事の特徴でもあります。


ただし、デザイン専門で仕事する人が増えたことで薄利多売となる傾向が強く以前と比べて作品自体の単価が下がり始めているようです。


その半面、ゲーム業界やアニメ、漫画などパソコンとツールが普及したことで作業効率が格段にあがった業界では人材不足により常に求人募集している状態です。特にゲーム業界は競争が激しいので仕事が増える傾向が強いようです。


逆に仕事の減少が目立つのはWEB業界で一般の人でもツールを使い画像作成ができるため今まで買い手のおおかったのが発注せず自分達で作る方向にシフトされつつあります。しかし、面白いのは自分達でつくるはずの画像を安い金額で作成するデザイナーに発注するケースも多いということです。


デザイナーの質に明確な差が見受けられなくなってきたことで金額のみで発注するクライアントが増えてきたということですね。