チャットレディーをするリスクについて

女性にとってストーカーにつきまとわれる事は恐怖ですが、実生活だけではなくネットの世界にもストーカーは存在します。もしかするとネットの世界のストーカーの方が怖いかもしれません。


高収入で人気のチャットレディーの仕事ですがリスクもおおく、本当に仕事として行うのかよく考えてみましょう、この記事ではリスクについてまとめています。


今のチャットレディーの仕事にはオンラインで利用客に自分の顔をみせる機能が備わっていてユーザーは自分の好みの女性を選ぶことができます。容姿のよい女性や話の上手な女性には顧客がつきやすく収入もあがる形式になります。


女性側もその点は踏まえているので営業向けの笑顔やトークで男性客を掴みますが、ネットの世界とは二人だけでの時間を過ごすことで疑似恋愛の遊びを本当の恋愛に勘違いしてしまう男性も存在します。


ネットでの出会いからストーカーへと変貌し、自分以外の男性とチャットすることが許せなくて特定の掲示板に女性の画像を貼り付けて風評を流したり、話の中でつい漏らしたプライベートについて調べあげて実際に会いにきたりする被害も報告されています。


アダルトなチャットレディーの仕事をする女性の中には自分の裸を相手にみせたりする行為をする人もいますが、本人にはわからなくても実はその行為を一部始終、録画されて後にネットで拡散される、それをネタに脅迫されたという話も聞きます。


パソコンが便利になったことでツールも進化しており動画をリアルタイムで録画することは専門技術がなくても容易にできるのです。高収入につられて軽い気持ちでやった行為で一生怯えることになるリスクがあります。


どうしても、その仕事でなければいけないという事情がない限りはおすすめできない仕事ではないでしょうか?仮に短期間だけの経験があっても将来誰かにバレる危険を怯えながら過ごすことは精神的にも決して良い状況ではありません。