在宅ワークをするための法知識

在宅で仕事をする際に気をつけておきたいのが仕事に関する契約についてです。
仕事に関する契約について基本的な考えは仕事を受け納期までに納品して報酬をもらうことを発注側、受注側が互いに書面化することです。


契約書をしっかり作るのがトラブルを避ける最善の方法ですが口約束だけでも仕事が成り立つ場合もあります。この場合、相手との信頼関係があることが前提ですが、やはり金銭のからむ話ではしっかりと契約をすることをすすめます。


発注側でおおいトラブルは前金を支払ったあとに約束の期限までに納品されない、その後の連絡が途絶えるなどがトラブルとして報告されていますが、それ以外にも約束とは違うものを納品されたので修正を依頼すると別料金を要求するというトラブルもあります。


受注する側でおおいトラブルは納品後の支払いがされないのが一番のトラブルでしょう。約束以外の仕事を追加発注されても料金を払ってもらうことができなかったというトラブルもあります。


これらを未然に防ぐにはやはり契約書を作成し互いに合意のうえで契約書に仕事に関する条件を明記し法的な効力をもった関係にすることです。


契約書の作成については大規模な仕事で動く額が大きい場合は弁護士など専門家に作成してもらうほうがよいでしょう。作成代金は高くなりますが法的効力をしっかりと示す事が可能です。


小さい仕事の場合、ネットで無料配布されている契約書のひな形をアレンジすることで契約書を作ることができます。内容については互いに確認して作ることが前提です。未払い金が少額の場合、内容証明書つきの請求書を送ることで法的効力を使うことが可能です。


詳しくは少額訴訟の仕方などで検索すると内容を確認することができます。